特殊貼り・その他の紙器

オートボトム

オートボトムとは、底面をノリ貼りした構造の紙器で、箱を起こすと同時に底も形成されることから、別名でワンタッチ底とも呼ばれています。

コーナー貼り(4コーナー・6コーナー

底面の角をノリ貼りし、折り畳んだ構造の紙器です。そのため量産が必要な商品パッケージの蓋などに多く使われています。

仕切り付き

箱内に間仕切りが付いたタイプの紙器です。仕切りが付いていることで、中に入れる製品の安定感を保つことができるのが特徴です。

テーパー貼り

ベーシックな貼り加工の紙器の一つですが、側面が斜めになっているタイプで、用途・商品コンセプトに合わせたデザインをご提供できます。

ファイル・ジャケット貼り

主に差込式パンフレットの原型となる紙器や、ファイル型の薄い形状で紙やDVDなどを入れるための紙器がファイル・ジャケット貼りと呼ばれます。

キャラメル式

紙器のなかではもっとも一般的で簡易な箱で、上下に差込フタが付いた紙器です。用途は菓子や薬品、小物など多岐に渡ります。

地獄底(底ロック式)

地獄底(底ロック式)

地獄底は別名・底ロック式とも呼ばれ、底が抜けにくく比較的強度のある紙器です。汎用性の高さと安価で製作できる点が強みです。

特殊貼り・その他の紙器

オートボトムやコーナー貼りなどの他にも、そのジャンルには分類することのできない、多種多様な形状の紙器を企画・製造しております。

ページの先頭へ戻る

紙器加工の企画・制作のことなら

有限会社 ソノダ

〒570-0043 大阪府守口市南寺方東通4丁目18-22
受付時間:9:00~17:30  第2・4土曜、日、祝休

まずはお気軽にお問い合わせください。 06-6997-5946

お見積・お問い合わせ